赤ちゃんの乾燥を防ぐコツ|守れるのはママだけ

子供

紫外線対策は大切

赤ん坊

新生児から使用可能

赤ちゃんの肌は大人と比べてとてもデリケートです。日中のお出かけにはやはり、紫外線の影響が気になるものです。一般に日焼け止めは新生児から使用することができます。しかし、肌にぬるものですので、時間は短めにするのが良いでしょう。新生児のうちは長時間の外出も赤ちゃんの負担になりますので、日傘や洋服などで直射日光が当たらない工夫をします。3カ月頃になって、長いお出かけをするようになったら、日焼け止めが必要です。ただ、日焼け止めも、赤ちゃんの肌に負担にならないものを選びましょう。日焼け止めを選ぶ際には石油系の合成界面活性剤や合成ポリマーを使用していないものが向いています。また防腐剤や紫外線吸収剤などの添加物もなるべく避けたいものです。

紫外線散乱剤使用のもの

赤ちゃんの肌に負担をかけない日焼け止めを選ぶためには、日焼け止めの主成分がポイントです。日焼け止めの主成分には、紫外線を肌の上で吸収して化学変化させる紫外線吸収剤と、紫外線を肌の上で散乱して反射させる紫外線散乱剤とがあります。紫外線散乱剤の方が物理的に光を跳ね返す分肌への負担が少なくて済みます。紫外線散乱には酸化チタンや酸化亜鉛などのミネラル成分が有効です。また、日焼け止めの落としやすさもポイントです。石鹸であらっただけできれいに落とせるものが赤ちゃん向きです。合成界面活性剤を使用せずに天然界面活性剤で乳化したものも販売されています。また、オーガニック100パーセントのものも販売されていますので、赤ちゃんの肌に合わせてやさしいものを選びましょう。